派遣薬剤師をやってみた!実際の仕事内容を大公開!

薬剤師について

こんにちは、薬剤師の美怜です。

今回は私が実際、派遣薬剤師として働いていた時の仕事内容を大公開します。

本記事の内容 ~目次~

私が派遣薬剤師を選択したのは、キャリアアップと自分の時間の確保のためでした。

車の教習所に通い、自動車免許を取得したり、料理学校、心理学セミナーに通ったりと自分磨きに時間をかけることが出来ました。

派遣先の一部を紹介しますね。

そんな私がおすすめする求人サイトはこちらです。

薬剤師向けの求人サイト

 
具体的な内容は薬剤師向け求人サイトの選び方!現役 薬剤師のおすすめ5選で解説しています。

都内の小さな薬局の派遣

最初に行った薬局は1店舗を経営している調剤薬局でした。

経営されている薬局長が裕福な家庭で、趣味が海外旅行。

薬局長が海外旅行の間、派遣薬剤師にお願いするという羨ましい事情でした。

経営者がのんびりしているので、薬局の雰囲気もほんわかしていて居心地は良かったです。

居心地は良かったですが、仕事ものんびりで、お待たせする患者様に申し訳ないと思ったりもしましたが、私の心配をよそに、患者様は理解されていて、特にトラブルはありませんでした。

処方元のクリニックさんとも上手にお付き合いをしていて良好な関係でした。

後にも先にも、こんなにのんびりしている薬局はなかったです。

居心地は良かったですが、私にはのんびり過ぎて派遣の短期間くらいでちょうど良かったです。

長くいたら頭に花が咲きそうなくらいぽけ~としてしまいそうでした。

おすすめの薬剤師派遣はこちら

都下の病院の派遣

入院施設(約80床)のある病院で、常勤の薬剤師がご病気で退職になったため、派遣薬剤師にお願いするという事情でした。

約80床ある病院で、なんと薬剤師1人勤務の病院でした。

初日、誰もいない薬剤部にポツンと私だけ。

ここの病院の外来は、院内処方だったため、病院で調剤して薬をお渡しします。

何も説明がなく、聞く人もいないままの状況で何をして良いのやら~。

そのうち、処方箋が回ってきて患者様がどんどん増えてきて…⁈

薬がどこにあるのか、何があるのか、全く分からず、患者様は来るし、病棟から電話は来るしでてんてこ舞い。

処方箋は日本語とは思えない不思議な字の手書き処方。

まずは薬と薬袋の場所を確認して、なんとか午前中切り抜けた!

病院は常勤の薬剤師を募集していて、新しい薬剤師が決まるまでの雇用でした。

いつ決まるか分からないので、腹をくくり、薬剤部の掃除を日常の業務と平行に始めていき、自分が働きやすいように模様替えしました。

それにしても仕事量が多い。

これを1人でこなしていたとは驚きです。

私を心配して退職された薬剤師さんが2日目に来てくれました。

よくよく話を聞いてみたところ、その方の前に働いていた薬剤師さんも体の不調で退職されていました。

仕事量多いうえに、1人薬剤師のため休みがきちんととれない。

毎日へとへとで体調を崩されたようでした。

薬剤部の部屋を掃除する時間もなかったとの事で、私が模様替えしたことを感謝されました。

病院は医師からの電話が多く、これが慣れていない私には苦痛でした。

都下の病院の派遣

初日に「〇〇〇ある?は?なんで直ぐに答えられなの?あるかないかも分からないの?早くしろ!」と怒られました。

私、今日からなのに…と思いつつも踏ん張りながら対応しました。

どんな薬がどのくらい出るのか把握していないため、薬の注文はかなり悩みました。

そのうえ、病院から薬剤部で使える金額の上限が決められていて、これ以上は買わないで下さいと言われてしまい、お手上げ状態でした。

薬を処方するのは医師です。

医師が処方したら薬は必要なので購入するしかないのに予算が足りない。
ん~、困った。

その当時は、今ほどジェネリック医薬品はなかったですが、医師に相談してジェネリック医薬品へ切り替えして金額を下げました。

外来の患者様の対応、入院している患者様に薬を渡すため、病棟をくるくると回り、その他に病院内の薬の在庫チェック、問屋さんとの情報交換など…毎日、馬車馬のように働いていました。

派遣の薬剤師に引継ぎなし、聞く人なしの状況でお願いする仕事内容なのかしら?

私の考えが甘くて、こんなのは普通の事なのかしら?
当時、自問自答を繰り返しながら何とか働いていましたが、今、考えてもこの状況はおかしいです。

ここの病院で長く務められる薬剤師さん、いませんよ~。

みんな辞めてしまうし、責任感が強い方は体調崩して辞めなければいけない状況に追い込まれます。

苦しみながらも何とか2か月ちょっと働きました。

私の派遣期間終了ってことは、新しい薬剤師さん決まったってことで…少しは改善したから働きやすくなっているとは思うけど、体制は変わらないので長く続くかな?と思いつつ病院を後にしました。

病院の薬剤師って大変。

こんな病院ばかりではないと思いますが、私には調剤薬局が合っている気がしました。

おすすめの薬剤師派遣はこちら

グループ薬局の派遣

大きな病院の門前薬局で産休に入る薬剤師さんがいたため、薬剤師不足になり派遣薬剤師にお願いするという事情でした。

ここの薬局は何店舗もあるグループ薬局の1つなので、とてもしっかりとしていて、社則や調剤マニュアルもあり、とても働きやすい環境でした。

とても良くして頂いて、お声がかかり、この会社に就職しました!

派遣薬剤師として、この薬局で1か月働いてからの選択だったので長く務める結果となりました。

面接だけして入社したら、思ったのと違うって、よくありますよね?

そんなことなく17年間勤めました。

おすすめの薬剤師派遣はこちら
薬剤師の求人・転職なら「ファルマスタッフ」

派遣薬剤師をやってみて思うこと

派遣薬剤師をやってみて思うこと

派遣薬剤師を経験して思うことは、自分のその時の状況で派遣を選択するのはありだと思います。

ただ、時給が良いからって理由で働くのは良くないと思います。

この理由だけだと、何も残らないので後悔するかもしれません。

子育てして時間がとれない、体が丈夫じゃないからフルでは働けないなどの理由やキャリアアップ。

私は長く務める薬局との出会いがありました。

このように長く務められる自分に合った薬局探しも理由になりますね。

薬剤師向けの求人サイト

 
具体的な内容は薬剤師向け求人サイトの選び方!現役 薬剤師のおすすめ5選で解説しています。

人気記事薬剤師向け求人サイトの選び方!現役 薬剤師のおすすめ5選

人気記事派遣薬剤師のメリット、デメリット!派遣薬剤師として働いていた経験を話します!

 

おすすめの薬剤師派遣はこちら