コロナワクチンを打って来ました【医療従事者】

体について 薬について






こんにちは、薬剤師の美怜です。

なかなか収束しないコロナウイルス感染症ですが、みなさんはコロナワクチン接種はもうされましたか?

私は接種順位としては早い医療従事者としてコロナワクチン接種をしました。

今回は私が体験したコロナワクチンを接種した時のお話をします。

本記事の内容 ~目次~




コロナワクチンの種類

現在、日本で接種しているコロナワクチン種類は

ファイザー社のワクチン

 12歳以上
 標準として、1回目の接種から3週間後に2回目接種。

武田/モデルナ社のワクチン

 18歳以上
 標準として、1回目の接種から4週間後に2回目接種。

以上の2種類です。

日本でのワクチンは2種類ですが、世界で使用しているワクチンは他にもあります。

また次の機会にお話しをしますね。




接種順位

1.医療従事者等
2.高齢者(65歳以上)
3.高齢者以外で基礎疾患を有する者や高齢者施設等で従事されている方
4.それ以外

3の基礎疾患とは、

1. 慢性の呼吸器の病気
2. 慢性の心臓病(高血圧を含む。)
3. 慢性の腎臓病
4. 慢性の肝臓病(肝硬変等)
5. インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病又は他の病気を併発している糖尿病
6. 血液の病気(ただし、鉄欠乏性貧血を除く。)
7. 免疫の機能が低下する病気(治療中の悪性腫瘍を含む。)
8. ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
9. 免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
10.神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害等)
11.染色体異常
12.重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)
13.睡眠時無呼吸症候群
14.重い精神疾患(精神疾患の治療のため入院している、精神障害者保健福祉手帳を所持している、
又は自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障害(療育手帳を所持している場合)

現在は4の『それ以外』まできているようですが、2の『高齢者』の方で2回目が完了していない方も…。

なかなか進んでいませんね。




接種するまでの流れ

私は薬剤師なので医療従事者としての接種でした。

いつだったか記憶がはっきりしませんが、医療従事者としてワクチンをするかどうか上司に聞かれてイエスと答えました。

手続きが完了してすぐにネットから接種券を印刷できましたが、他の地区の店舗では接種券がなかなか発行されなくて、まだかまだかと待っていたようです。

接種券を印刷後、予約ができない中、たまたま近隣の病院からお声が掛かりました。

それは「病院内で接種が始まるが余ってしまうので接種しませんか?」との事でした。

もちろん二つ返事でお願いしました。

ラッキーな事に1回目と2回目のややこしい予約をすることなく、接種できることになり、調剤薬局としては早めの2021年4月21日と5月12日に接種完了しました。




1回目接種時

周囲に接種した方が少ないので緊張しましたが、接種する当日は特に体調不良もなく接種することになりました。

近隣の病院では接種する時間を10分毎に設定していたので、予定の時間に病院に行ったら待つことなく呼ばれました。

体調などの問診があり、右腕に接種しました。

2回目のほうが副反応が強く出る可能性があったので、1回目に利き腕の右にしました。

『え?もう打ったの?』痛くも痒くもない。

『本当に薬液入ったの?』って感じでした。

あっ、これはあくまでも私の感想です。

インフルエンザワクチンを接種する時、薬液が入る時にずんと重くなってじわ~と痛みを感じる経験をされた方が中にはいらっしゃると思いますが、このような何かが入ってくる感じも、入った感じもありませんでした。

職場の薬局が近かったので、そのまま戻り普通に仕事をしていたら、接種後30分して病院から電話がありました。

「体調はいかがですか?異変はありませんか?」との電話でした。

本当は病院で待機しなければいけないのに何も言われなかったので帰ってしまった私…。

次回は必ず病院で待機するように言われちゃいました。




1回目副反応

接種してから7時間たったころ、少し接種した場所に痛みが出てきました。

腕の表面と言うよりか、もっと奥の腕の中心あたりです。

『きちんとワクチンが入ったのね。良かった。』と、ホッとしました。

その程度で、翌日も普通に仕事していました。

私はインフルエンザワクチンで接種した部位が広い範囲で赤く腫れたり、発熱することがありますが、コロナワクチンでは特に強い反応はありませんでした。




2回目接種時

2回目は、1回目の接種日よりきっちり3週間後に接種をしました。

2回目は一般的に副反応が強くでる傾向なので、少し心配しながらの接種となりました。

前回と同様に待ち時間はありませんでした。

問診をして頂き、1回目とは逆の左腕に接種です。

『え?え?え~?痛い。』

1回目と違い薬液が入り始めた時、ぎゅ~と痛みがあり、そのあとも入ってきた感覚が痛みで分かりました。

『2回目は体が分かっているから反応したのね。これで抗体つく。』と思いながら病院で30分待機しました。




2回目副反応

病院で待機している間に、接種した左側の肩から頭にかけて痛みが出ました。

痛みにはむらがあり我慢できる程度だったので、そのまま仕事に戻りました。

しかし、この7時間後くらいから、めちゃくちゃ体がだるくなり私はめったに家事を放棄しないのですが、夕飯はお弁当を購入して何もしないで、早く休みました。

翌朝、体のだるさは残っていて、38.3度の熱もありました。

残念ながら人数ギリギリの薬局なので、この日も仕事です。

アセトアミノフェン(解熱鎮痛剤)を服用して出勤しました。

気力だけで動いていて、だるさは少し辛かったですね。

でも、このだるさも熱もひどかったのは1日だけで次の日には楽になり、その翌日にはいつも通り元気いっぱいでした。

2回目を接種して1番思ったことは、厚生労働省のおススメ通り、接種の翌日は前もって仕事をお休みにしておけば良かった~って事です。

みなさんにどのような反応が起こるか分かりませんが、接種の翌日は大切な予定は入れないで、お仕事は有休を使いましょう!




接種した方の副反応

Aさん(50代女性):アレルギー体質

1回目に頭痛。2回目にも頭痛があり、翌日からだるさと38度以上の発熱が2日間続く。→その後回復。

Bさん(40代女性):片頭痛

1回目特になし。2回目に激しい頭痛。→翌日回復。

Cさん(50代女性)

1回目特になし。2回目に腕の痛みのみ。→2日後回復。

Dさん(50代女性):高脂血症、アレルギー体質

1回目に腕の痛み。2回目に翌日からだるさと39度の発熱。→翌日回復。

Eさん(70代男性):高血圧、以前に脳梗塞

1回目特になし。2回目にだるさ。→翌日回復。

Fさん(70代女性):高血圧、高脂血症、糖尿病

1回目特になし。2回目にだるさと腕の痛み。→2日後回復したが1週間後発熱。
この発熱はコロナワクチンと関係があるかは不明。

Gさん(80代男性):糖尿病

1回目特になし。2回目特になし。

Hさん(80代女性):人工透析

1回目特になし。2回目に翌日から39度以上の高熱。その後、熱は下がるが37度以上が3日間続く。→その後回復。

Iさん(80代男性):高血圧、アレルギー体質

1回目に翌日から38度以上の発熱が2日間続く。→その後回復。
2回目にだるさ。→翌日回復。

Jさん(90代女性):高血圧、腎不全

1回目なし。2回目なし。




まとめ

コロナワクチンを接種することに賛成の方、反対の方、賛否両論だと思います。

現在、コロナウイルスは変異をしていて、新しい株にはワクチンが無効?などと言われておりますが、私はこのコロナ渦から抜け出すにはワクチンが必要だと思っています。

コロナに感染された方やそのご家族、最先端で治療されている医療従事者の方、緊急事態宣言で苦労されている飲食業の方、飲食業に関わる職業の方、旅行会社の方、挙げたらきりがありませんが、皆さまはどのようにしたら昨日よりも今日、今日よりも明日がより良くなるかを考えて、毎日を過ごされていることと思います。

この方たちはもちろんのこと、私たちが毎日を安心して過ごすためにはコロナワクチン接種が進んでも、マスク着用や3蜜回避などを続けることが大切だと思っています。

一日でも早くコロナウイルスが終息することを心から祈っております。

人気記事薬剤師向け求人サイトの選び方!現役 薬剤師のおすすめ5選

人気記事薬苦手の薬剤師!? 薬剤師が日頃から気を付けていることは体のメンテナンスと環境!