薬剤師の転職理由 5選!現役薬剤師の転職の方法!

薬剤師について

動画解説はこちら

こんにちは、薬剤師の美怜です。

皆さんは転職を考える時は、どんな時ですか?

本記事の内容 ~目次~

薬剤師は比較的、転職される方が多い職種だと思います。

実際に私の職歴は、

大きな病院(約700床)の門前薬局
↓
新規開設の薬局
↓
多数の医療機関から処方箋を受ける薬局
↓
派遣薬剤師
↓
何店舗もあるグールプ調剤薬局

何度も転職しています。

転職理由は、引っ越し、結婚、出産、人間関係…。

色々ありましたぁ~。
一般的な転職理由と合わせてお話をします。

そんな私がおすすめする求人サイトはこちらです。

薬剤師向けの求人サイト

 
具体的な内容は薬剤師向け求人サイトの選び方!現役 薬剤師のおすすめ5選で解説しています。

薬剤師の転職理由 年収

薬剤師の転職理由 年収

より良い生活をするために、お給与はとても大事です。

薬剤師の平均年収は、男性で約575万円、女性で約526万円です。

一般的に、病院薬剤師 < 調剤薬局 < ドラックストアの順に高額になります。

職種によって金額に差があるので、病院薬剤師は年収アップを考えた時は、調剤薬局やドラッグストアへ転職します。

ただし、それぞれの仕事内容が違うため、病院の薬剤師は病院へ、調剤薬局の薬剤師は調剤薬局へ、ドラックストアの薬剤師はドラックストアへ転職する傾向です。

薬剤師の給与は、基本給、残業手当、ボーナスの他に薬剤師手当、薬局長手当、管理薬剤師手当、認定薬剤師手当などがあります。

この手当は、会社によって異なります。

あまり昇給率が良くないので、最初の年収がとても大事になります。

今の世の中、どの職種も昇給率は悪いのかもしれませんね。

基本的に経験も大事なのですが、年齢給があります。

そのため、女性が育児の間、薬剤師として働いていなかったり、ブランクがあっても、ある程度の年収で仕事復帰することが出来ます。

自分の生活で必要とする金額が給与と照らし合わせて、そぐわない場合は転職を考えます。

基本的に、薬剤師は低いお給与ではないので、生活が困ることはないと思いますが、住宅ローンがあるとか、夢があってお金が必要とか、子供の習い事に必要など、理由は様々です。

お金が必要で働いている場合は、昇給を待つよりも、転職で年収アップしていった方が早く貯まりそうですね。




薬剤師の転職理由 勤務体系

薬剤師の勤務体系は、どうなっているのでしょうか。

例えば、入院患者様がいる病院の薬剤師は夜勤や早番、遅番などの交代制で組まれていて、小さなお子様がいる方はパートへ転向することもあるようです。

正社員なのに、「夜勤はできません。」なんて言えないのが現実ですね。

パートへの転向も難しい状況の時は、転職を考えます。

そして、調剤薬局やドラックストアで長時間営業している場合も交代制で組まれています。

ほとんどの調剤薬局は朝9時から、患者様にお薬を渡し終えるまでです。

閉める時間が過ぎていても、患者様がシャッターを閉める前に来局した際は、断っていけないのです。
これは、薬剤師法第21条で定められています。

薬剤師法第21条

調剤に従事する薬剤師は、調剤の求めがあった場合には、正当な理由がなければ、これを拒んではならない。

近くの病院やクリニックに良い医師がいると、必然的に患者様が多くなります。

患者様が多いと、薬局は閉局時間に閉めることが出来ないので、連日、残業になります。

私は閉局時間が19時の調剤薬局に勤務したとき、タイムカードを押すのが22時!

これが、たまにではなく、頻繁でした。
家に着いた時はへとへとです。

へとへとですが、残業時間が多いので、お給与はそれなりに高かったです。
でも体はボロボロです。

私は長く続きませんでした。

このように残業が多い職場もあります。
希望のシフトが通らない職場もあります。
お休みがなかなかとれない職場もあります。

勤務体系が合っていない時は、自分の生活に合う職場を探しても良いかもしれませんね。

薬剤師の転職理由 福利厚生

薬剤師の転職理由 福利厚生
会社によって福利厚生の内容は違います。

私は、あまりこだわりがないですが、福利厚生を大事と思っている方が多いと思います。

福利厚生の法定権利としては、

  • 健康保険
  • 介護保険
  • 厚生年金保険
  • 雇用保険
  • 労災保険
  • 子育て拠出金

があります。

この他に、法定外権利として、

家賃や住宅ローンの負担、健康診断の費用負担、社員旅行、慶弔、災害、産休、育休、スマホやPCの支給などがあります。

ん~、こうやって挙げてみると、大切なことばかりですね。

私もこれからは、きちんと確認します!

薬剤師の転職理由 キャリアアップ

同じところに何年もいると、意識をして勉強しないとキャリアアップは難しいです。

しっかりと上を目指して勉強に励む方は良いですが、働く事で精いっぱいの方が多いと思います。

在宅やスポーツファーマシスト等の勉強したくても、今の職場では力入れていない。

何から手を付けてスキルを磨けばよいか分からない。

これは、自分が磨きたい事に力を入れているところで働くのが早いです。

毎日の業務の中、自然と勉強が出来て、身につくからです。

いくつもの職場を見てきて思うのですが、スキルアップに力を入れている会社とそうでない会社との差は大きいです。

勉強会に参加するのを強制される会社もあります。

そこまで勉強したくない方もいると思いますので、よく確認して職場選びしないといけませんね。

薬剤師の転職理由 人間関係

薬剤師の転職理由 人間関係
どのような職種でも、どのような職場でも人間関係はあります。

1人で仕事をしていない限り、絶対に起こります。

薬剤師は、私を含めて癖のある人が多い傾向です。(薬剤師の方、ごめんなさい。)

自我が強いと言うか、なんと言うか、頑固ちゃん多いです。

仕事内容のぶつかり合いもあるし、プライベートでもあったり…。

このトラブルは、仕事に影響がなければ、仲が悪かろうが、憎しみ合っていようが問題ないと思います。

しかし、働きにくい状況になったら、自分の力を十分に発揮できなくなります。

これは、自分にとってストレスになり、会社にとっても損失です。

その時は、職場を変えることも考えなくてはいけませんね。

私は、仕事仲間はもちろん仲間と思っていますが、仲良しグループではないと思っています。

仕事の時は仕事、仕事仲間とプライベートで遊ぶ時は遊ぶ。

意識的に分けています。

そのお陰か、現在も職場での人間関係は上手くいっていると思っています。

あとは、他の人のトラブルに巻き込まれないようにすることですね。

以前、巻き込まれまくって、転職しています。

人間関係は難しいですね。

薬剤師向けの求人サイト【とりあえず登録すべき】

 
具体的な内容は薬剤師向け求人サイトの選び方!現役 薬剤師のおすすめ5選で解説しています。

人気記事薬剤師向け求人サイトの選び方!現役 薬剤師のおすすめ5選

人気記事薬剤師の仕事内容 ~薬剤師歴25年の職歴を紹介!~