派遣薬剤師のメリット、デメリット!派遣薬剤師として働いていた経験のお話をします!

薬剤師について

動画解説はこちら

本記事の内容 ~目次~

こんにちは、薬剤師の美怜です。

派遣社員にどのようなイメージをお持ちですか?

人材不足の会社に必要な期間だけ働く人、必要がなくなったらバッサリ切られる、福利厚生がないから不安定、色々な会社に行かれるから楽しい等。

メリット、デメリットそれぞれのイメージがありますね。

薬剤師にも派遣社員として働いている方がいます。

薬剤師不足で困っている病院や薬局が多いため、派遣薬剤師は大事な存在です。

現在の派遣薬剤師は、派遣会社と雇用契約を結んで、派遣会社の社員として働く方が多いです。

この形だと福利厚生が受けられるので安心ですね。

以前、私が派遣薬剤師をしていた時は、派遣会社からの紹介という形だったので、給与は派遣先の薬局から頂いて、斡旋料として薬局は派遣会社に支払いをしていました。

そんな私がおすすめする求人サイトはこちらです。

薬剤師向けの求人サイト

 
具体的な内容は薬剤師向け求人サイトの選び方!現役 薬剤師のおすすめ5選で解説しています。

派遣薬剤師の給与

派遣薬剤師の給与
新聞の折込広告などに薬剤師募集が出ていることがあります。
目にした事はありますか?

一般の時給と比べて高額で驚いた方もいらっしゃると思います。

派遣薬剤師は、その時給よりも更に高額な事が多いです。

薬剤師が少ない地方の時給が高くて、東京だと都下、都心の順で時給は下がります。
地方だと時給4500円の薬局もあります。

東京だと平均3000円くらいですね。

派遣先の薬局は、派遣会社に薬剤師の時給の約半分の金額を支払いをしなければなりません。

私が派遣で働いていた時の時給は3000円だったので、薬局は1500円を派遣会社に支払いをして、1時間で合計4500円かかる事になります。

派遣会社と雇用契約している場合は、薬局は時給の約2倍を派遣会社に支払いをし、派遣会社は諸費用を引いて薬剤師に給料を支払います。

私の時給は3000円で週5日8時間、それと土曜日に4時間。
給与は約50万円以上でした。

ただし、福利厚生がなかったので、この中から税金、年金、健康保険を支払っていました。

おすすめの薬剤師派遣はこちら

派遣薬剤師のデメリット

こんな高額な給与なら、みんな派遣薬剤師で働けば良いのに!と思いませんか?

ぶっちゃけ良いことばかりではありません。

私が、今の職場に就職した時、派遣薬剤師さんがいましたが、私が就職したことで、その方はバッサリと切られてしまいました。

その派遣薬剤師さんは、約2年間、勤めていたため、とても働きやすい環境が整っていたと思います。
しかし、薬局としては人の補充が出来たし、高額の派遣薬剤師は、突然、バッサリです。

2年間、せっかく積み上げてきても全て消えてしまいます。
これは、堪えますね。

雇用の期間は、最初から決まっている時もありますが、ほとんどの場合は、次の薬剤師が入ってくるまでの期間です。

そのため急に「来週から新しい薬剤師が入るので、お疲れさまでした。」と言われて、去ることになります。

このようにバッサリ切られるのが苦手な方は、派遣薬剤師に向いていません。

それに派遣薬剤師は、外部から来た人で、いつか去る人のため、派遣薬剤師に風当たりの強い薬局もあります。

名前で呼ばれず「派遣さん」と呼ばれたりして、私の名前は派遣ではありません!って嫌な思いをすることも多々あるようです。

私は風当たりの強い派遣先には当たらなかったので運が良かったです。

薬局での薬剤師の仕事内容は、どこの薬局も大きな差はないですが、それなりにやり方は様々です。
派遣薬剤師は、その薬局のやり方に従わなければ働きにくくなります。

『ちょっと違うな。おかしいな。』と思ってもなかなか意見はしにくいものです。
中には派遣薬剤師に何か気になることはないか、外から来た人でこそ分かる何かおかしな事はないかと聞いてくる薬局があります。

聞かれた時は、素直に答えていました。

でも、そのような薬局は、薬局を良くしようと日頃から思っているので、それほどおかしな事はないんですよね。

派遣薬剤師のメリット

派遣薬剤師のメリット

なんと言っても曜日や時間などを選べて、高収入であることです。

薬剤師は女性が圧倒的に多いです。
子育てしているママさんにはありがたいですよね。

派遣会社と雇用契約を結べば福利厚生が受けられるので安心です。

基本的には残業なし。
私が派遣の時は、混んでいる状況を横目で見ながら「お先に帰ります。」と言えずに働いていた事もありましたが、時給が高いため薬局としては残業を望んでいない事が多いです。

実際に、社員で働いていた時、派遣薬剤師さんには残業しないように定刻厳守を言われていました。

派遣薬剤師は、短期間でいくつもの病院や薬局に行けるので、とても勉強になります。

薬の勉強、調剤のやり方、多店舗とのやりとり、処方元の病院とのコミュニケーション、在庫管理、それに数多くの薬剤師と出会えるので、色々と話が聞けます。

これは、キャリアアップに繋がります。

何人も派遣薬剤師を見てきましたが、スーパー派遣と呼ばれるエキスパートの方がいます。

元々、優秀な方だと思いますが、派遣でキャリアアップしてきている結果だと思います。

スーパー派遣薬剤師は、とても優秀なので、派遣先で見染められて「うちの会社に入りませんか?」とお声がかかります。

そのまま、相思相愛で派遣先に就職する方もいらっしゃいます。

ちなみに私はスーパー派遣ではありませんが、お声をかけて頂いて、派遣先に就職しました。

薬剤師向けの求人サイト

 
具体的な内容は薬剤師向け求人サイトの選び方!現役 薬剤師のおすすめ5選で解説しています。

人気記事薬剤師向け求人サイトの選び方!現役 薬剤師のおすすめ5選

人気記事派遣薬剤師をやってみた!実際の仕事内容を大公開!

 

おすすめの薬剤師派遣はこちら